全球环保技术股份有限公司

实际成果

GCT通过参加政府及大企业的各种项目,各项先进技术得以进一步完善并且商业化。

(日本語) 亜臨界水熱爆砕技術とガスハイドレート技術が経済産業省の「津波・原子力災害被災地域雇用創出企業立地補助金(製造業等立地支援事業)」に採択された

(日本語) 二段階ガスハイドレート技術による膜を使わない高度水処理プラントの開発と、準連続式亜臨界水熱爆砕技術による中温加圧処理によるバイオマス処理プラントの開発が採択されました。 ラボ試験および試作したパイロットプラントによる実証試験が可能な研究所を北茨城市に建設し、自社およびグループ会社が保有する基盤技術を基に以下の製品開発を行います。 ①膜を使わない高度水処理プラントの開発(サウジアラビア国営海水淡水化公社共同事業) ※平成25年度経済産業省補正予算・汚染水処理対策技術検証事業で実施した、二段階ガスハイドレート法によるトリチウム汚染水の分離技術を応用します。 ②中温加圧処理によるバイオマ...

(日本語) 亜臨界水熱爆砕技術が経済産業省・福島県の「平成29年度 地域復興実用化開発等促進事業費補助金」に採択された

(日本語) 準連続式亜臨界水熱爆砕技術による、農林残渣を対象とする有価物抽出・高熱量ペレット燃料製造が経済産業省・福島県の「平成29年度 地域復興実用化開発等促進事業費補助金」に採択されました。(グループ内、創イノベーション株式会社) 当社独自技術の準連続式亜臨界水熱爆砕法により、エネルギー作物残渣からの高熱量ペレット燃料生産、リン等有価物抽出を実現し、浜通り地域内でのエネルギー作物栽培事業、地産バイオマス活用事業を可能にします。※環境省平成27年度除染・減容等技術実証事業で実施した準連続式亜臨界水熱爆砕処理による細粒土の除染減容化技術を、エネルギー作物残渣の変換技術に応用します。

亚临界水热爆破技术被日本环境省的除染・减容化等技术实证事业采用。

利用准连续式亚临界水热爆破处理法实现细粒土除染、减容化的方法被日本环境省的《平成27年度 除染・减容化等技术实证事业》政府项目所采纳。(集团旗下公司,CDM咨询股份有限公司)

使用本集团公司授权的专利技术的世界第一座超临界BDF设备,在美国伊利诺伊州完成建造。

2015年5月,使用由本集团公司授权给美国Jatrodiesel公司的专利技术的超临界商业设备在美国伊利诺伊州完成建造。 这是世界第一座利用超临界法生产BDF的设备,年产大约500万加仑。世界第二座超临界BDF生产设备将在美国加利福尼亚州建造,预计2017年末建成投产。(照片为设备外观)

含氚污染水的分离

2015年,创innovation股份有限公司(集团旗下企业)的二阶段气体水合物法,被经济产业省的《污水处理措施的技术验证事业(氚的分离技术验证试验事业)》项目采用。(照片为本公司的气体水合物实验装置)

5吨/日的实用设备

2012年,在前田建设工业的资金援助下,建成了日处理量5吨土壤/污泥的实证・实用大型设备并成功运行。

被JAEA(日本原子能研究开发机构)采纳

2011年,被国立研究开发法人日本原子能研究开发机构(JAEA)的《警戒区、计划避难区的除染示范实证事业》项目采用。

亚临界水热爆破技术被日本原子能研究开发机构的除染示范实证事业采用。

亚临界水热爆破技术被日本原子能研究开发机构的《警戒区、计划避难区的除染示范实证事业》项目采用。(集团旗下公司,创innovation株式会社与大成建设共同实施)

亚临界水热爆破技术被日本农林水产省的分离及清除反射性物质铯的技术研究机构采用

亚临界水热爆破技术被日本农林水产省的研究机构的《关于放射性物质的应急措施实证研究・耕地土壤中的放射性物质铯的分离及清除技术实证研究》项目所采用。(集团旗下公司、CDM咨询股份有限公司)

饭馆村除染实证设备

2011年被农林水产省的《关于放射性物质的应急措施实证研究・耕地土壤中的放射性物质铯的分离及清除技术实证研究》项目采用。